墨歌のご紹介

「墨歌」は、大阪府から京都府亀岡市に抜けてゆく途中の茨木市の山村にあります。

 

自然と山の暮らしに憧れながらも、都会暮らしに翻弄され、命の灯が消えかけた私は、若杉友子さんに出会い、人は自然に守られているという事に辿り着き、野草や農の学びを一心に深めて参りました。

 

「身土不二」これは奥深く、生命の根源を指し示している言葉だと思います。

人も自然から生まれ、その地の気候風土で育ったものを食べ、生命の再生産をします。

そして自然農の野菜達は、野草に近い力強いエネルギーを与えてくれます。

 

「墨歌」では、豊かな自然の中で自然農講座・野草フィールドワークと料理・手当法と食養生講座・籾米黒焼きワークショップ・三年味噌講習・三年梅干し講習、暦の学びなど、生命の息吹を吹き込んでいける講座を開催しています。

 

どうぞご参加下さい。

千里山ル・パルク放送でご紹介頂きました

墨歌主宰 酒井貴美子 プロフィール

 

若杉友子氏のもとで食養料理を学ぶ。一切の化学・有機肥料や農薬を使わず、野草畑で野菜を共に育て、身体に優しい食養生の料理に作り、訪れる方や自身の健康に役立てています。自然農のフィールドワークや野草の食養生お料理セミナー等を毎月開催しています。


1954年  兵庫県三木市で、書道家 酒井葩雪のもとに生まれる

1984年~ 体調不良と情緒不安に悩み続ける

2000年  鍼灸院での治療を受け、東洋医学に助けられる

2007年  食の安全を学び、真剣に若杉友子さんの食養生を学ぶ

2008年  自宅にて「ギャラリー墨歌」を主宰 野草を使った食養生の料理教室を始める

2010年  自然農の生活を求めて山村に転居 農学博士西村和雄先生主催の農塾で学ぶ

       「若杉友子の野草料理教室」を編集された高草洋子さんの店

       「お米キッチンらぽーむ」で料理を担当する

2011年  自然農と野草と食養生の庵「墨歌」主宰

       無農薬無施肥の材料を使った三年味噌と三年梅干の仕込みを始める

2012年  準農家の登録

2013年  黒焼ワークショップや野草フィールドワーク、料理教室、食養生の講師を始め、

       幅広く活動している

若杉のおばあちゃんの本「長生きしたけりゃ肉は食べるな」に掲載して頂きました。 

                                                                                        p141~p147


墨 歌 歳 時 記

自然農(田と畑)

二月 種の整理

    春蒔きポット苗の準備


三月 種籾の準備
    畑への直播

 

四月 苗代(不耕起直播)
    夏野菜の種蒔き

    籾蒔き・苗の植え付け

 

五月 田植え準備

    草刈 敷き込み

 

六月 田植え

 

七月 畑の収穫


八月 畦の草刈

 

九月 冬野菜の種蒔き


十月 

 

十一月 稲刈り

 

十二月 脱穀

ワークショップ

料理教室・陰陽の話

墨歌三年味噌作り

 暦(己読み)の学び1~13の月(年間)

墨歌三年味噌作り(蒜山高原仕込)

 

 

野草のフィールドワークと料理・陰陽の話

 

 

 

野草のフィールドワークと料理・陰陽の話

 

 

墨歌三年梅干作り

 

(梅干の土用干し)

 

野草のフィールドワークと料理・陰陽の話

 

お茶・干物・佃煮など、

保存食作りもします

 

 

野草のフィールドワークと料理・陰陽の話

 

野草のフィールドワークと料理・陰陽の話


墨歌では、自然農・ワークショップ・講習会への参加を受け付けています。

 

各催しはすべて、一汁一菜付きで、参加費は3,500円~、材料費は別途です。

詳しくはメール・お電話等でお尋ねください。

 

上記以外でも、各催しを開催しております。

また、個別にも3名様以上からご予約に応じますので、ご相談ください。

 

天候や季節の事情により、予定通り開催できない場合もありますので、事前にお問い合わせのほどお願い致します。